微生物実習始まる

 こんにちは 臨床検査技師科の高橋(英)です。男本年度初ブログです。宜しくお願いします。
さて、私は臨床検査技師科2年生の『微生物検査学実習』を担当しています。今回はその実習の1コマを、本校2階第一実習室よりお届けします。
<写真1>
 

《写真1》は、実習授業風景です。みんな真剣な表情で取り組んでいます。それもそのはず、いわゆる“微生物”とは肉眼では見ることのできない相手だからです。たらーっそれに“感染症”の主役でもあるからなおさら緊張感をもって取り組まなければなりません。
<写真2>
 

《写真2》は、これから微生物を顕微鏡で眺めてみようという実習の中の“染色液の作製”です。右側で操作説明をしているのが私です。てれちゃう
<写真3>
 

《写真3》は、スライドグラス上に“細菌”を塗布し、染色操作をしています。中には、間違って?自分の手まで染めてしまう人もいます。悲しい

世間を騒がせている“感染症”の主役である微生物を探し出すのが臨床検査技師の仕事の1つなのです。では、また次回まで。


5月も半ばとなり、若葉と花の美しい季節となりました。

ここ新潟市においては、先日、G8労相サミットが開催され、海外から要人が多数訪れました。報道によれば、新潟の美味しい海の幸、山の幸がふるまわれたそうです。祝

ゴールデンウィークの休みがあけて、学生たちが再び学園に戻ってきました。
今、新入生たちは5月病ということもなく、学校に慣れ、勉学に励んでいます。学校

臨床検査技師科の三年生は今週から8月22日までの約三ヶ月半、臨地実習ということで各地の病院で勉強させていただいています。事故もなく、無事に戻ってくるよう願っています。

今週の土曜日は球技大会ということで、その日は、まる一日、全科(臨床検査技師科、視能訓練士科、救急救命士科)、全学年が、教員も参加してバスケットボールなどの球技で優勝を競います。バスケットボール

以上、新潟医療技術専門学校の近況でした。(馬場)


中学生の体験学習について!!

臨床検査技師科のブログ愛読の皆さんお元気ですか?
今回担当の渡辺です。楽しい

5月の連休も明け、学生さんたちも元気に登校されました。特に、3年生の皆さんは来週から臨地実習に入ります。新潟市内、県内、県外とそれぞれの病院検査室に配属されますが、皆大きく成長した姿でまたお会いしたいですね。病院

さて、午前中に市内の中学生の皆さんが「上級学校体験学習」のために本校へ見学に来られました。
〈写真1〉

この中学校では、進路学習の一環として高校卒業後の学ぶ機会について生徒の知識を深める趣旨から毎年実施しているとのことです。
〈写真2〉

生徒さんが一生懸命メモを取っている姿に感動を覚えました。
将来の職業生活に夢・希望・目標を持てるよう祈っております・・・拍手


平成20年度 頑張ろう!

こんにちは。 臨床検査技師科のカサハラです。楽しい
新学期がスタートして早いもので1ヶ月が過ぎようとしています。
1年生は、入学して少しずつ学校生活に慣れてきているようですヨ。
2年生は、いよいよ専門的な実習が始まりましたネ。
3年生は、ドキドキの病院実習が5月から始まりますヨ。びっくり

各学年で、学生さん達がそれぞれの目標に向かって頑張ってほしいところです!

今年も学友会では、いろいろな行事を計画しています。
今回の写真は、4月7日に行われた新入生歓迎会の模様です。(今年は学生食堂で行いました)

?平成20年度の学友会 委員長&副委員長です。どちらが委員長でしょうか! 
 

?新1年生達です。もちろんアルコールがございません!

?ライフセービング部によるサークル紹介です。
 

?余興の“マジック太田”さんによるイリュージョンマジック!!
 

最後に、頑張って計画&実行してくれた学友会に感謝・感激です。
お疲れ様でした!拍手


自分の臓器をチェック!

 こんにちは、タカハシ2号です。女
 今回は、もうすぐ病院実習に行く3年生の生理検査学実習の様子をご紹介します。この実習では超音波検査や肺活量の検査などを勉強します。写真は超音波検査で、腹部の臓器を観察しているところです。お腹に超音波を当てて、肝臓などに異常がないかを画像で確認する検査で、少し難しい検査なのですが、みんな一生懸命勉強しています。拍手

(写真)

健康な肝臓の超音波画像です。
(写真)

 肺を検査する肺活量の測定では、“新式”の機器と“古め”の機器の両方を使って、検査の原理から勉強します。この検査は、患者さまに「大きく、はっきりとした声」を掛けながら検査することが特徴で、この実習の時には元気な声が教室から聞こえてきます。病院

(写真)

 オープンキャンパスではこの肺活量検査の実習実演も予定していますので、是非参加してみてください。学校