すがすがしさ

看護学科設置準備室 いからし です

今日はとっても暖かいですね

先ほど、新潟県立新津工業高等学校様にお伺いしてきました。DSCN3735

今日は、新津バイパスを間違えずに走り、35分ほどで到着しました

男子生徒さんの数が多いこともあってか、廊下ですれ違う生徒のみなさんは、『こんにちわ』と元気よくご挨拶してくださいました。すがすがしいですね。

当校にご興味をお持ちの生徒さん、ぜひリーフレットをお手に取ってみてくださいね。

 


信頼

こんにちは。看護学科設置準備室の いからし です

今日は、よいお天気の1日でした。土の匂いがすると、『春だな~』と感じます。道端では、立派な しだれ梅の木の花が、少しだけ開いていました。気がつけば、春はすぐそこですね

今日は新潟県立巻総合高等学校様にお伺いいたしました。

DSCN3731

熱意あふれる先生に、心から感銘を受けました。

そして、『信頼される学校になりたい』 いからしは 改めて、決意を心に刻みました。高校訪問をさせていただいていると、たくさんのことが勉強になります。

新潟県立巻総合高等学校の皆様、ぜひ当校のリーフレットをご覧くださいね。


方向音痴

こんにちは。看護学科設置準備室 いからし ですDSCN3725

突然ですが、問題です。

ここはどこでしょう

 

昨日、前の会議が長引いたことが災いし、新津高等学校様とのお約束の時間に間に合わない!という緊急事態発生!方向音痴で新潟市外に疎いいからしは、事務課長にお願いし、高速道路の使用の許可を頂きました。そしてETCカードをお借りし、ナビを設定、完璧ナビの指示で車を飛ばしました。ところが所要時間が…あれれ???下道よりなぜ時間がかかる???巻潟東?白根?三条?もしかして私が走っているところは違うのかもしれない…そう気づいたのは、巻潟東ICを降りたところでした。

新津の皆様はお分かりですよね。そう、私は磐越自動車道ではなく、関越自動車道をひた走ったのです。きっと高速道路の入り口を間違えたのですよね

そこで私がいつも考えること。

『ナビは「ここです」とは言ってくれるけど「ここではありません」とは言ってくれない。私には必要だわ~と。』

                                                          結果、お約束の時間に間に合うはずもなく。新津高等学校様、大変申し訳ありませんでした

次にお伺いしたのは新津南高等学校様でした。教職員の皆様、大変温かく迎えてくださいまして、ありがとうございました!

新津高等学校様、新津南高等学校様には、本校のリーフレットをお届けしました。

当校の看護学科に興味をお持ちの方、是非お手に取ってご覧くださいね

問題の答え:『新津市役所前』

 


東京学館新潟高等学校様におうかがいしました。

看護学科設置準備室 いからし です。

2月末から、高校訪問をさせていただいております。

本日は、東京学館新潟高等学校様にお伺いいたしました。DSCN3655                                      貴重なお時間を頂きまして、ありがとうございました

学校の中ですれ違った生徒さんは元気にあいさつしてくださいました。ありがとうございます

自習スペースでは、生徒さんと、生徒さんを熱心にご指導される先生方を拝見しました

あと少しですね。がんばってくださいね~

東京学館新潟高等学校の皆様には、次年度4月以降に、看護学科のリーフレットをお送りします。『看護学科が凝縮されていますので、興味のある方は是非手に取って中をみてくださいね

 DSCN3657

裏面にはオープンキャンパス情報があります教員や事務職員と、ナマの触れ合いができるチャンスです。お友達とぜひ足を運んでくださいね


看護学科設置準備室です

はじめまして。『看護学科』設置準備室のいからしです

準備室開設から1年が経とうとしています。早いものですね~                              開設のウワサを聞いて、新潟市内にまたもや看護学科                                  と、驚かれた方も多いことでしょうね。

29年春には、新潟医療技術専門学校は、新潟市内で4番目の          『看護学科を持つ専門学校となる予定です

只今、看護学科設置に向けて奮闘していますのは、看護学生の養成に、                      熱い情熱と魂を、惜しみなく注ぎ込む、3名の『美しき』精鋭(もちろん教員)と、本校の事務を担う方々です。                                        私たちの看護学校に入学される皆様にとって、『最高の学習環境となるように、教育課程の練りこみ、学習を促進する実習病院・実習施設の確保はもちろん、快適かつ充実した教育を受けることができるピカピカな校舎・ハイテクな設備・備品の準備を進めています。

そうそう、皆さん、ご存知ですか?                                              今や子どもの小学校入学準備として大きなテーマとなっている『和式トイレ』のこと。家庭での洋式トイレの普及率が9割と言われる中、保育園・幼稚園に通う子どもたちは、小学校の『和式トイレ』を使うために、準備が必要であるということなのです。みなさんの記憶にもあるかもしれませんね。

限りなく少なくなった『和式トイレ』ですが、地域によっては築数十年のお宅では、 未だ『和式トイレ』のみしかない家も多いといわれています。『和式トイレ』は足腰に負担がかかりますので、病気を持っていたり、高齢の方にとっては、毎回のトイレが困難であり、課題が大きいといえます。

そこで私たちは、学生の教材として『住みにくい家』を作りたいと考え、学校の実習室には、最新式の『和式トイレ』を備える予定ですしかも、段差のある滑りやすいお風呂場もですこれを、『バリアフリーアリ』といいます。

これは私たちの学校の特徴の一つです。

『和式トイレ』を実習室に持つ看護学校なんて、そうそうありません。

でも、

『安心してください。皆さんのトイレは最新式の洋式トイレですよ!

今後も、私たちの看護学科の特徴をどんどんお伝えしますので、                       楽しみにしていてくださいね。