『臨地実習&就職説明会の様子』

はじめまして!視能訓練士科のアンマおはなです。

7月7日(土)に視能訓練士科2年生臨地実習説明会就職説明会がありました。ニョロピピピ

さらに午前中には希望者を対象とした就職教養模擬試験(作文・教養・適性)が行われ、盛りだくさんの1日でした。たらーっニコニコたらーっ

臨地実習説明会では、臨地実習の意義と宿舎についての説明や臨地実習の概要の説明がありました。
そして臨地実習の実際として、卒業生の方から臨地実習指導者の立場からのお話がありました。

就職説明会では、就職にあたっての心構えのお話からはじまり、次に医療人としての心得/医療職に求められる人材について、視能訓練士としての仕事の実際を卒業生の視能訓練士の方(写真)からお話がありました。

そして休憩をはさみ就職活動へのアドバイス2011年度採用試験結果のまとめの説明がありました。
皆さん真剣に聞き入っていました
1日お疲れ様でした
OKOKビールビール


1年生の実習風景

こんにちは。視能訓練士科の山田ジョギングです。

今月から1年生の実習本格的に始まりました。

今回は視力検査の実習です。

これはオートレフケラトメータという機械です。

この機械では、眼の遠視近視乱視度数を測ります
この検査データを参考に視力検査をします。

瞳孔間距離を測っています

瞳孔間距離とは左右の眼の瞳孔の中心間の距離です

皆さん、一生懸命実習に取り組んでいます拍手拍手

未来の視能訓練士さん頑張ってねジョギングジョギング


授業脱線−その1 ミクロネシアの不思議

久しぶりの登場のいしっちこと視能訓練士科の石井おはな です。
今回は授業ネタです。本日1限の視能検査学各論の色覚から脱線します。
全色盲は2万人から5万人に1人といわれていますが、ミクロネシア連邦のピンゲラップ島では、12人に1人が全色盲だとか、

ミクロネシアの地図

この多くの島々の中のどこかの島がピンゲラップ島おてんき

釣り人 ウサギちゃん

この島の全色盲の人々は暗い場所で微妙な明かりを見分ける特殊な視覚を持っているとか。月明かりの下でトビウオを捕まえる優れた漁師なんだそうです。

台風がきた

200年前に島を襲った台風によって人口が20人ほど にまで減ってしまった結果だそうですが、
ひらめきあらまぁ ひらめきそれでひらめき

この続きは、色のない島へ: 脳神経科医のミクロネシア探訪記:早川書房をお読みください。拍手グッド
ピンゲラップ島行ってみたいですね。どうやったらいけるんでしょう? ジョギング路線バス


臨地実習に向けて

こんにちはパー
視能訓練士科の片浦晴れです。

5月も残りわずかとなり、気が付けば臨地実習まであと約2週間 ぶー時計!?

3年生の皆さんは実習に向けて授業が休講の時や放課後に実習の練習を行ったり、夜遅くまで自主勉強をして頑張っています鉛筆鉛筆OKグッド

3年生と4ヵ月間お別れだと思う少し寂しいかも悲しいたらーっ
しかし、会えない事は寂しいですが、臨地実習から戻った時の成長ぶりが今からとても楽しみです赤りんご青りんごさくらんぼ拍手

3年生の皆さん頑張ってください!!! ジョギング


神経眼科学実習風景

こんにちは。視能訓練士科のうめこニコニコです。
まだまだ寒い日もありますが、すっかり春ですね~(・e・)おはな

新学期も始まり、学生さんたちは張り切って実習しています。
今日は、そんな実習風景をお届けします。鉛筆

写真1~4は眼球突出検査といって、眼球がどのくらい突出しているかを測定する実習しています。

お互いに検査をする人、患者さんになる人を体験します。学生さんは皆さん、真剣ですよ。

写真5はヘス・スクリーンテストといって、眼球の動きが悪い患者さんなどに行う検査です。

未来の視能訓練士を目指して頑張ってね