血液検査の実習風景 !

血液検査学実習担当の白川です女
今回は血液検査の実習風景を紹介しますね拍手

血液は固まらないうちに、素早く操作します(写真1)

赤血球浸透圧抵抗試験は赤血球が低張食塩水の中でどれだけ溶血しないでいられるかを調べます。赤のグラデーションがとてもきれいですよ(笑顔)
食塩濃度によって溶血の強さが変わります(写真2)

赤血球沈降速度(赤沈)は炎症の検査です。
まっすぐに立てないと誤差が出てしまいますから慎重に見ています(写真3)

来週から、いよいよ血液凝固の検査に入ります。
皆さんはいつも流れている血液が血管外に出ると、固まってしまうって不思議だと思いませんか?

最近、良く聞くエコノミークラス症候群や塞栓症など意外と身近に不思議はありますよ!
いろんな病気の原因を検査側から見てみませんか?

以上。今回はこの辺で紹介を終わります見る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です