新潟医療技術専門学校

救急救命士

救急救命士科、もっと知りたい。救急救命士は、命のサポーター。救急車に同乗して、搬送中の傷病者の症状が急変したときに、気道の確保、点滴などの救命処置を行うのが救急救命士の役目です。生死に関わる処置を走行中の救急車の中で行うため、冷静な判断力、臨機応変の技術力が求められます。また、病院の到着時に、担当医に経過処置を的確に報告できなければなりません。救急救命士の職場は消防、海上保安庁、病院などがあります。様々なフィールドでプレホスピタルケア(病院前救護)の質を高め、重症傷病者の救命率の向上をサポートする救急救命士は、いつの時代でも社会に欠かすことのできない存在です。

フィールド&しごと内容

勤務先

消防署 病院(救命救急センター等) 自衛隊・海上保安庁 民間救急 介護タクシー など ※地域により出動件数は大きく変わります。また勤務先により、傷病者の種類も変わります。

しごと内容

  • 救急車で傷病者を無事に病院へ搬送
  • 災害などの際に捜索、救助、応急処置
  • 医療サポート
  • 病院から転院搬送

救急救命士は傷病者に最初に関わる医療従事者です。医師の指示と家族への説明・同意のもと、医師にのみ許された特定の医療行為を行うことが可能。自らの処置で人の命を助けることができた時は、大きな達成感とやりがいを感じることができます。

救急救命士になるには高等学校卒業後の養成校ルート

POINT!
新潟医専には独自の国家試験対策とバックアップ体制があります。

救急救命士国家試験の受験資格は、文部科学大臣指定の大学か厚生労働大臣指定の養成校で学ぶことが必要とされています。本校は新潟県内唯一の3年制の養成校であり、県内すべての消防本部に卒業生を輩出しています。

救急救命士の1日

医療機関や消防署の規模に応じて勤務形態が異なります。消防署の場合は日勤、夜勤の交代制で勤務にあたることが多く、いつなんどきでも、出動出来る状態で勤務についています。

CASE | 消防署勤務

  • 8:30出勤〜車両確認
  • 9:00出動待機
    状態
    出動待機●ココが大切!
    勉強や訓練を行い、出動に備えて消防署で待機します。この間、出動指令があれば迅速に現場へと向かいます。
  • 12:00出動待機
    状態
    休憩
  • 13:00出動待機
    状態
    消防活動の訓練
  • 18:00出動待機
    状態
    風呂、夕食休憩を含め、絶えず出動に備えて準備は怠りません。
  • 19:00出動待機
    状態
    事務処理
  • 23:00出動待機
    状態
    仮眠〜要請があれば起床仮眠中でも、要請があればすぐに起床して出動します。
  • 6:00出動待機
    状態
    起床・待機
  • 8:30出勤者と交代〜帰宅
  • 9:00次の24時間勤務まで非番

CASE | 病院勤務

  • 8:00出勤
  • 8:30カンファレンス
  • 9:30出動待機
    状態
    ドクターカーの整備・医療サポート●ココが大切!
    ドクターカーの動作確認などの管理を行いながら、医師や看護師のサポートを行います。
  • 12:00出動待機
    状態
    休憩
  • 13:00出動待機
    状態
    医療サポート・他仕事基本的に午前中と同じ業務を行います。病院によってはこの後24時間体制で常駐することがあります。
  • 20:00帰宅

こんな人が向いている!

救急救命士は救急医療の現場で適切な判断を下し、傷病者の命を救うため、何よりも冷静沈着であることが求められます。併せて、体力、精神力は救命士にとって必須能力です。

基本的に24時間の長時間勤務、通報の際にはすぐに出勤する必要があり、不規則な生活ながら、強さが求められます。
どんな状況でも、どのような傷病者を前にしても、冷静沈着で適切な判断を下せる精神力が必要です。
人として、そして純粋に「人を助けることのできる仕事がしたい」という強い意志のある人にこそ向いています。
医療は常に発展し続けていることから、日々医療に関する知識の習得に積極的であることが必要です。

そんな人は新潟医専、救急救命士科へ!救急救命士科 教育特色

確実な国家資格
取得のために
公務員試験を
全面バックアップ
充実した
シミュレーション
実習
充実した
講師陣

救急現場を再現できる充実の実習設備と救急現場に精通した教員によるきめ細やかな指導で、高度な知識と技術を修得することができます。新潟県内すべての消防本部に卒業生を輩出した指導実績で、人の命をつなぐスペシャリストを育成します。

1年次
医療職として必要な基礎知識や一般の救急隊員が行える観察・処置を学びます。校外活動では保育園や小学校で救急の正しい知識を広め、医療従事者として救急に関する啓蒙活動も行います。
2年次
2年次には、参加数1万人を超える大規模スポーツイベント「新潟シティマラソン」に“モバイルAED隊”として参加し、ランナーの命を守ります。救護活動を通して現場での実践力を高めます。
3年次
救急救命士を目指す学生が救急医療の知識・技術を競い合う「学生救急救命技術選手権」に出場し、毎年上位入賞と優秀な成績を収めています。実践経験の蓄積が、学びを確実なものにします。
国家試験へ挑戦!
大丈夫!イセンだけの国家試験対策で資格取得!
対策1
1年次から公務員試験対策としてカリキュラムに教養演習を組み込んでいます。3年間で225時間の教養演習と計19回の公務員模擬試験を実施し、全面バックアップしています。
対策2
県内全ての消防本部に卒業生を輩出した実績と消防機関との強いネットワークで、卒業生による就職講演会を実施しています。就職体験談はもちろん、現役の救急救命士として必要な意識や資質などについても知ることができ、就職活動に有利です。

だから!新潟医専で安心して救急救命士を目指そう!

在校生VOICE

自分と向き合い、周りの人に相談して進路を決定!消防士を目指して邁進中です。
現在、実習で薬剤投与について学んでいます。また実際の現場を想定した訓練を行い、技術の向上に励んでいます。好きな学科は体育です。バドミントンやバスケットボールを行い、楽しく体力作りができました。夢は国家試験と公務員試験にダブル合格し、目標である消防署に就職することです。皆さん、自分と向き合い、周りの人に相談して後悔のないような進路選択をしてください。救急救命士科2年 清水 龍さん新潟県立十日町高等学校出身

先生VOICE

経験豊富な救急救命士が、最先端の救急医学を伝授しています。安心してご入学ください!
救急救命士は、人のためになる仕事、人の命を守る仕事、全力を尽くし感謝される仕事です。本科では救急に精通した医師や現場で活躍していた経験豊富な救急救命士が、最先端の救急医学を伝授し『救急業務のプロ』を養成します。また救急救命士は、何よりもゆるぎない「国家資格」が得られるのが特徴です。最近は消防だけではなく、病院の救急外来分野での採用も増えており、職域の拡大が期待されています。救急救命士科教員 五十嵐 和哲先生

Information