ピポlクラテスの木発見!

こんにちは 臨床科の堀田です。女
秋晴れの空と澄んだ空気・・・秋本番となってきました。
先回のブログで「ヒポクラテス」のお話をしたところ、永井さん(学務課長さま)から「うちの学園にもあるんですよー」と情報が入りました。聞き耳を立てる

「エエ~!?!?」って見に行ったら・・・たらーっ

う~ん、か細い!! 葉っぱが十数枚・・・大丈夫かい???
春から夏と時々観察してきたのだけれど、あまり変化なし
さて、ここはどこでしょう?

そうです。体育館手前の喫煙ベンチの横
副流煙による成長障害?困惑ムムム・・・

兄弟たちは元気なのに・・・
この木は本家本元のコス島の「ヒポクラテスの木」DNAを受け継いだ蒲原株の「ヒポクラテスの木」です。
救命士科に講師として来ていただいている星先生のご配慮により植樹されたとのことです。
(写真は星先生の投稿文から転用させていただきました。ありがとうございます。)

う~ん、じゃあ元気に育てなきゃ!!
この木が大きく育てば、医専も大きく進化するような気がしてきた!!!


『1年生の顕微鏡実習が行われました』

この実習は「検査機器総論」の授業の一環で、10月からの後期の実習開始前に毎年この9月特別授業期間に行われているものです。
臨床検査技師の仕事に顕微鏡はなくてはならないものの1つです。
ぜひ1年生の皆さんは顕微鏡の使い方見るの基礎を確実に学んで欲しいと思います。

『オープンキャンパスの1コマ』
9月8日(土)本校オープンキャンパス晴れでは臨床検査技師科の実習実演として、私担当の「微生物検査学実習」の一端を見ていただきました。
感染の危険唖然がある微生物ニョロ(細菌を主として)を扱うために、特殊な操作法があります。また感染を防ぐための消毒法や滅菌の概念についても説明をさせていただきました。
当日熱心に聴いていただきました参加者の皆様、聞き耳を立てるどうもありがとうございました。


以上、ブログネーム『英』嬉しいでした。


「名古屋へいってきました」

こんにちは!臨床科の笠原です。嬉しい

9月にはいりましたが未だに猛暑おてんきが続いております。
皆様いかがお過ごしですか?

8月下旬に名古屋で開催された学会(日本臨床検査学教育学会)へ行ってきました。
思っていたように名古屋も暑かったですよ。今回はその模様を紹介します。見る

行きは飛行機飛行機で新潟空港から中部国際空港へ一つ飛び!拍手
途中で綺麗な富士山日の出を撮影しました。

学会会場である名古屋国際会議場です。とてもきれいな学会場でした。


  

会議場の広場にあるモニュメントを撮影してきました。
「幻のスフォルツァ騎馬像」レオナルド・ダ・ヴィンチを再建されたものだそうです。

学会式典において、日本臨床検査学教育協議会より昨年の学会(新潟市)で大会長を務めた渡邊 正友先生へ感謝状が贈呈されました。拍手

とにかく暑く、例年になく疲れた冷や汗学会でした。猛暑のせいかな~。
来年の学会は大阪で実施されます。来年も頑張って行くぞー。!
たこやき
もたべるぞー。楽しい


暑い!

あ、暑い・・・暑すぎる・・・

この暑い中、1・2年生は定期試験にトライ! 
それが終われば待ちに待った夏休み! 水泳

勉強に疲れた心と体を休めてリフレッシュしてください 温泉 サーフィン ソフトクリーム
お~と、忘れちゃならない復習 鉛筆 もしっかりとやろう!!

先日、あまりの暑さに耐えきれず海 船 を見に行きました。思いがけずきれいな夕日 日の出 を見ることができてラッキー「癒しその1」

週末、買い物帰りに長岡に立ち寄りました

長岡は日本三大花火大会のひとつ長岡まつり大花火大会で有名な拍手ところ
今年は8/2・3に開催だそうです

で、その長岡で季節外れのイルミネーションをみてきました
会場は国営越後丘陵公園 おはな

「光の海」「地上の天の川」など、きれいでした~

 

音楽に合わせてライトアップ噴水

涼やかなひとときを過ごさせていただきました「癒しその2」  

今年の夏は記録的な暑さになるそうです

熱中症に気をつけましょうね

タカハシ2号でした 女


「H24年度 就職説明会開催」

こんにちは! 就職担当の白川女です。

血液検査学実習も真っ最中病院です。

7月14日(土)の2年生とその保護者を対象にした、就職説明会を実施しました。

就活は来年(3年生)になってからですが、今勉強している内容が実際にどんなところで活かされるのかを知ってもらうために、永年先輩たちがお世話になっている施設の方をお招きして、仕事内容を説明して頂きました。

最初に「医療人としての心構え」を検診業務代表として、新潟県保健衛生センターの小田辺企画室長より伺いました。次に、「総合病院の検査業務」について上尾中央医科グループの袴田検査部長から、「検査センター・ブランチラボや研究開発などについて」の説明を三菱メディエンスの人事部人材開発採用担当の青樹さんから紹介して頂きました。採用担当者や検査室を運営する方々のお話を直接聞いて、学生さん達は目指す検査技師像を明確にイメージできたと思います。

親御さんたちは、うちの子供が一生懸命に勉強している内容が、自分の健康診断などで聞いたことのある検査名だったり病気の話だったりして、さすが医療関係の専門技術を勉強しているという事を実感したようでした。

ガンバレ2年生!! 暑い夏おてんきに負けるな! 

新潟医専は学生さんの就職活動を全面的にバックアップ拍手しています。