ヘルパー研修、お疲れさまでした

春休みの3月9日にスタートした
第9回の訪問介護員(ヘルパー)2級養成研修の
修了式が10月23日、A棟3FのAB教室で
行われました。

2年生の受講生19人全員が、
春休み・夏休みの20日間を使って行われた
講義・実技講習・実習の130時間すべてに参加し
て、修了証書が渡されました。
ホームヘルパー2級の資格ゲットです。
 
ヘルパー修了証書

来年の就職試験では、
高齢者に対して適確な対応、介護ができる医療技術者と
して、一定の評価がくだされるはずです。
 受講生の皆さんには、これまでの研修の成果を忘れずに
高齢者にやさしい医療人としての活躍を望みます。

今年は、例年になく受講生がすくなかったのですが、
それでも19名中11名が視能訓練士科の2年生。
眼科の外来では、高齢者が多いことから、視能訓練士科の
学生たちには人気の特別講座です。

事情があって休学していたSさんも、
在籍中は受講OKなので
これだけは最後までやりとげました。
お疲れさまでした。

ところで、この養成研修、本校は、福祉の学校を除いて
新潟県内で最初にスタートした学校です。
来年は10年目をむかえます。
 
受講料は4万円(ほかに教科書代6,700円)で、
定員30名。定員を超えた希望者がいた場合は、
抽選です。
毎年、2月に1年生対象に説明会を実施し、受講生を
募集します。

バイトをとるか、講座を受講するか、
迷う学生もいるかと思いますが、
高齢者への適確な対応が求められる医療現場、
是非、あなたもチャレンジしてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です