視能科 臨地実習報告会

どうも、秋から冬に近づきつつあるこの頃、いかがお過ごしでしょうか?

ヤマDです😊

本日は、臨地実習報告会の様子をお届けします‼📸

視能科では、3年次に前期8週間、後期8週間の計16週間の間ですが、学外で臨床実習を行います✨

今年度も新型コロナウイルスの影響で県内及び新潟近県の医療機関で学生は実習を行いました。

ご協力頂いた施設の皆様、学生に貴重な経験を積ませていただいた事を感謝致します‼

実習前より、一回りも二回りも大きく成長して、学生は無事すべての実習を終了致しました👍

本日は、3年生が臨地実習の報告を来年度臨地実習へ出る2年生へ向けて報告会を行う場でした。

県内も現状では、新型コロナウイルスは落ち着いてますが、感染予防の目的で、3年生と2年生は教室を分けて、ZOOMを教室同士でつなぎ報告会を実施しました。

最初は、3年生は教室から2年生へ向けて発表を行いましたが、音響関係でトラブル発生😣💦

止む追えず、発表者は2年生の教室で報告を行う形式へ変更し、無事に発表を全員行う事が出来ました✨

無事に発表が終わり、ほっとしてお腹がすいたヤマDでした😁

臨地実習で得た経験は、今後の視能訓練士人生で、確実に検査を実施する上でのベースとなります。

withコロナの中、経験を積む事が出来てよかったですね!

2年生は来年度は、3年生に負けない位の充実した実習となる様に今から勉強をしっかり頑張りましょう。

1つ1つの積み重ねが大切です!!

3年生は2月に行われる国家試験へ向けて、コツコツと知識を積み重ねましょう。

目指せ、全員合格!!!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です