【シミュレーション実習Ⅲ:救急救命士科2年生】

【PEMEC &ブドウ糖投与】
皆さん、こんにちは
救急救命士科2年生がPEMEC&ブドウ糖投与の実習を行いました。
前期までは心肺停止傷病者に対する実習が主でした。
気管挿管や電気的除細動、静脈路確保や薬剤投与など「やる事が沢山あって大変」といった印象。
ところが、後期の実習からは、傷病者が訴えをしてきます。
所見や症状等をもとに、様々な医学的観点から病態を科学していきます。
どちらかというと「考えることがいっぱいあって大変」といったところでしょうか?1年生が見学に来ていることも影響しているのかな⁈額に汗をかきかき💦想定訓練に取り組む2年生なのでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です