夕陽

みなさん、こんにちは
救急救命士科のかわいです。

5月になったのに寒くなったり、暑くなったり
なんだかよくわからん天気続いていますが
体調を崩してくださいと言わんばかりです。

みなさん、お体には十分ご自愛ください。

昨日、新潟は久しぶりの快晴。
気温も上がってよい天気でした。

こんな日の夕方は、とてもきれいな夕陽が見れるんですよね。

ね?
きれいでしょ?

これから暑くなるにつれ、もっともっと
きれいな夕陽が見れるようになるでしょう(*^_^*)


元気でね

みなさん、こんにちは
救急救命士科のかわいです。

国家試験も終わり、ようやく新年度の事を
考えられるようになってきました。

毎年、思うのですが
救急救命士科は卒業式の後に国家試験が控えているので
本当の意味での卒業とならず、気持ち的にびみょ~なんですよね。

でも、3年間頑張ってここまでこれたという事実は変わらないわけで
心から卒業おめでとうと申し上げたいです。

卒業式や謝恩会の様子は、すでに臨床科や視能科の先生方が
書かれているので、僕は恒例の魚眼レンズの変顔写真を載せたいと思います。

全員撮影したと思ったんだけど、写っていない人がいます。
救命士科3年のみんな、ごめんね。

それではいきますっ
じゃかじゃんっ!

も~いっちょ(*^_^*)

3年間、素敵な思い出をありがとう!
社会人になっても医専魂をわすれず頑張れよっ

救3のみんな!
じゃあなっ


搬送実習

みなさん、こんにちは
救急救命士科のかわいです。

本日は、救急救命士科1年生の搬送実習の様子を紹介します。

救急活動において搬送業務はある意味もっとも重要になります。
どんなに優れた活動でも搬送できなければ意味がありませんからね。

救急救命士科では、傷病者を安全に搬送するために基本的な手技とボディメカニクスを中心に実習が始まります。

先ずは道具を使うことなく人を搬送する徒手搬送から。


サドルバックキャリーに


パックストラップキャリーといいます。

なんか、写真で見ると寝っころがって戯れているようにしか見えんねしょんぼり

・・しかし。
開設当初から搬送の実習は、僕が担当してきたんですが
年々、体力的に辛くなってきました汗
20代のころは、なんちょもなかったんですがね。

実際に学生さんを前に、お手本ということで、実習している学生さんよりも
はるかに多くの実技をやっているわけです。

おかげさまで今日は下半身を中心に筋肉痛が・・。

以上、救急救命士科でしたグッド


新潟シティマラソン

みなさん、こんにちは
救急救命士科のかわいです。

去る、10月7日に開催された新潟シティマラソンに
救急救命士科2年生がモバイルAED隊として参加してきました。

昨年と同様、かわいとしては、AED隊として参加したかったのですが
なにやら救護本部の対応がかなり忙しかったらしく
今年は、そちらのほうに駆り出されることになってしまいました。

1万人に一人の割合で心肺停止が出ると言われるマラソン大会
今年の参加者は、その大台にのる1万1千人。

スタートの時なんて陸上競技場に入りきれないから
競技場のそとにめっちゃ並んでるし・・。

『やばい。やばすぎる・・。』
かわいの中の、「なにかがやべーセンサー』がけたたましく
鳴り響きます。

学生さんもモバイルAED隊として出動しました。

大会はというと、突然の大雨にたたられ選手のみなさんは
びしょ濡れ。

でもね

驚くほど、救護要請が少なかったんです。
昨年は、休む暇もなく電話が鳴り響いたらしいんですけど・・。

救急車の要請も1件で済むなど
驚くほど負傷者の少ないマラソン大会だったようです。
おそらく気温が低くて熱中症や脱水症状が発生しにくかったこと
が要因なのでしょうか?

なにはともあれ、全員無事で大会を終えたことは本当に素晴らしい
ことです。
かわいの心配も、空振りに終わったようです(よかった、よかった)

モバイAED隊はというと、、、
学生さん、本当に頑張ってくれました。

選手の状態も、より専門的に報告をくれて
とても判断しやすかったです。

ただ、雨に降られて大変だったみたい。

救命士科のみなさん、おつかれさまでした楽しい


秋晴れ

皆さん、こんにちは
救急救命士科のかわいです。

今年の夏は、稀に見る猛暑。
皆さん、いかがお過ごしでしたか?

あんなに暑かった日中も、今はとても過ごしやすくなりました。
夏が好きなかわいとしては、いささか寂しい気も致しますが
新潟の冬も、風情があっていいものですよ。

本日は、ポカポカ陽気の秋晴れ。
海が近いので、心地よい風が吹いてとても穏やかです。

さてさて
お仕事がんばりますか。