実習風景

みなさん、こんにちは。                                                   救急救命士科のかわいです。

ここのところ、やたらと出張が沢山ございまして☆                            新潟県内を所狭しと、走り回っておりました。

本日の新潟は快晴                                           日差しは明るく、海からの心地いい風が何とも言えません。                     かわいの大好きな夏がやってまいりましたよ~DSCF6940

さて、本日ご紹介するのは、救急救命士科2年生の想定訓練です。                        皆さんは気管挿管って知ってますか?

本日の実習では、この気管挿管をテーマにした想定訓練が行われました。                   しかも、ただの想定訓練ではありません。                                        実際に搬送しながら、車内で気管挿管を実施するという、この時期の実習内容としては難易度Maxに近いものですよね。

DSCF6919

最初は、心肺停止になっていません。                                        ちょっぴり笑顔も見れてまだ余裕もあるようですが、油断してはなりません。                                                      だいたい、こういうパターンでは、搬送途中で容体変化があるわけです。

ほ~~~~ら

 DSCF6927

実習室でやる心肺蘇生とは勝手が違います。揺れないように走っているとはいえ                       揺れる車内で、体制を整えながらの胸骨圧迫は、とても難しいんですよ。

こちらは、実習を担当している高橋先生。                                       現役を彷彿させる見事なハンドルさばきとアクセル&ブレーキワーク!

DSCF6935                                時々、拝命2日のへたっぴ機関員さんになるようですが、、、☆                        高橋先生、マジであれは酔いますから Σ(゜o゜)

およそ、15分ほどの車内活動を行い、無事学校に到着。                             心肺蘇生をしながら「仮想:病院の救急処置」である実習室へ搬入しなくてはなりません。

額に汗をかきかき、必死に実習に取り組む学生さんでした。

頑張れっ!未来の救急救命士!!

fb_button


定期試験と筋トレ

みなさん、こんにちは。                                             救急救命士科のかわいです。                                                                       今週は、Ⅰ期の定期試験。救急救命士科1年生は、入学して初めての試験となりました。

2年生や3年生と違い、少し緊張気味(?)の1年生。 そんな1年生をみると、                ついつい、からかいたくもなるってなもんでさ

問題を配布する時なんかに                                                        かわい:「こっ、こっ、この問題はっっ・・・・!?」                                      学生さん:「先生、どうしたんスか

な~んて、一回一回のリアクションに反応してくれるわけです。                             か~わいいねぇ

20140605_130549

試験が始まれば、みんな真剣そのもの。                                       がんばれ!未来の救急救命士!

 

試験期間なので、みんな勉強してるかと思いきや、1階のロビーから  

「うりゃ~っ!」

とか

「ほりゃ~っ!」

とか、奇声が聞こえてきます。                                              お前さんがた、なんしようと?

20140604_163111

学生さん:「・・せっ先生!筋トレっす!」

かわい:「・・そら、見りゃ分かるばってんたい、なんも服を脱がんだっちゃよかろうもん。

そうか、そうか。もうすぐ消防の採用試験やもんね。                                      ケガをしないように頑張ってくださいね。

以上、救命科でした。

fb_button


球技大会

みなさん、こんにちは。                                                         救急救命士科のかわいです。

5/24(土)は、恒例の球技大会。

この大会、圧倒的に有利なのは救急救命士科の学生さん。                                        高校までバキバキに鍛えてきた人たちばかり。女子学生の多い臨床科や視能科の学生さんにとってはたまったものではありません。

ところがどっこい、今年の臨床科、視能科は強かった。                                         バレー、バスケの経験者がいっぱいいて、おまけに「対救命科用」のハンディキャップをうまく利用して上位に勝ち上がってきましたからね♪

おおいに盛り上がった大会となりました。

われわれ教員チームも頑張りました。                                                   混合バレーボールに出場しましたが1回戦突破、2回戦は救命科3年チームをあと1点で勝利というところまで追いつめました。

IMG_8641

基本的に、おおいに運動不足を感じたかわいでありました。                                      気持ちは行く気満々なんだけど、体が付いてこないというか、、、☆

 

 

IMG_8859

救命科同士のバレーボール、バスケットボールの決勝戦は、とても見応えがありましたよぉ。    救命科のみんな、おつかれさまでした

20140524_14513920140524_14494220140524_144903

 20140524_144832

 fb_button


学食にて♪

みなさん、こんにちは。                                                  救急救命士科のかわいです。

ようやく寒さも和らぎ、新潟も暖かくなってまいりました。                               医専のすぐ近くには海あるので、今の季節はとても気持ちのいい風が吹いてきます。

こんな気分のいい日は、お仕事も普段以上に頑張ってしまうものです。                     う~ん。お腹が空いてきました。かわいの本日の「サラめし」は、学食のとんかつ定食。

いつもは、学生さんたちで混雑する時間を避けて、少し早めに昼食にするのですが、今日はちょっと遅めの時間となりました。そういうことで売り切れのメニューもちらほら。

券売機で食券を買って待っていると。

食堂スタッフの方:「先生、ご飯にカレーかけますか?」                                 かわい:「ま、まじっすかやったあ

と、いうわけで本日のかわいの定食はこちらっ!                                    じゃかじゃんっ♪

20140513_122541

「とんかつ定食 と かつカレーが同時に食べられて バリうまだぜ定食」

これも、すべてかわいの日頃の行いの賜物でしょうかねぇ~ んふふふ♪                   これで400円だから驚きでしょ?

食堂のみなさん、おいしい食事ありがとうございました。                              ごちそうさまでした。

fb_button


シミュレーション実習Ⅳ

みなさん、こんにちは。                                              救急救命士科のかわいです。

みなさん、GWはいかがおすごしでしたか?                               今日から、学校も再スタート。                                       連休ボケでテンションが上がらない訳ですが、今日も頑張って救急救命士科の実習を紹介したいと思います。

今日は救急救命士科3年生の実習の様子です。救急救命士科には数多くの実習資器材が揃えられていますが、その中には子供用の資器材もあります。 写真は「ペディスリーブ」という小児用の全身固定用の資器材です。

普段の実習は、成人を対象する場合が多いので、学生さんもいつもと勝手が違うようです。 小児用の資器材をいかに学生さんに理解してもらうか?う~む・・・・。                無い知恵を絞りまして、考えたのが「かわいの長男坊くん」。                                    彼をお菓子で買収しまして、小学校が終わってから救急救命士科にお手伝いに来てもらいました。

「・・泣かすんじゃね~ぞぉ」                                                                本気とも冗談ともとれる、かわいからのプレッシャーを受けながら、                            慣れないお子様相手に学生さんもタジタジ

長男坊くんも、そんな学生さんの緊張を読み取ってか、こちらも少し硬直気味。                                 そうなんです。こんな時こそやさしい声掛けってのが重要なわけです。

学生さん:「こっ、これから、べっベルトをしめますねぇぇぇぇぇ

・・・・・いやいや怖いですから。しかも声ちいさっΣ(゜o゜)

20140430_15583320131122_170515

それでは、また。

 fb_button